マンゴスチンブログ
by mangost
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ハンズボン映像展2015、終了。
ハンズボン映像展「夏の終わりに・・・宿題やったか!?」は無事に終了することができました。今回は初の試みとして、ボードビルとアニメーションの共演を行いましたが、予想以上の成果を得ることができたように思えます。ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!

(撮影・yamada kazuhero )
a0048259_2062933.jpg

[PR]
# by mangost | 2015-09-03 20:07 | exhibition | Comments(0)
ハンズボン上映会 2015・夏
今年もやります、ハンズボン上映会!
「夏の終わりに…宿題やったか!?」と題しまして、8月28,29.30の三日間上映を行います。
今回の参加作家は、版画家でイラストレーターのタダジュンさんとさかたきよこさんコンビ、版画家で音楽家としても活躍する松本里美さん、独自の特撮技法で映像を作り上げる飯塚貴士さん、そしてボードビリアンのバロンさん!
詳細は公式サイトをご覧ください。http://www.hans-dubon.com

a0048259_0291359.jpg

[PR]
# by mangost | 2015-07-31 00:31 | news | Comments(0)
映画「東京裁判」
新文芸座にて小林正樹監督「東京裁判」を観る。
4時間以上に及ぶ長編映画だが興味深く見ることができた。裁判の進行を軸として当時の世界の動向を俯瞰してみることができたのもその理由の一つだが、何よりも戦犯として起訴された人物とそれを取り巻く人々の「人」としての存在感、つまりは喋り方や顔の表情、体の動きを目の当たりにすることで感じるものが、単なるドキュメンタリーを越え、一つの”物語=映画”としてのレベルに達していたせいかもしれない。
(ドキュメンタリーほど嘘をつくとはよくいったもんだが、それは批判的な意味だけではない)

”個”である人が世界とつながるとき、そこには自分自身で制御できない何かしがらみのようなものが生まれるのだろう。それをどう解釈し、どう折り合いをつけるのか、その判断で”人”は別の何かに変わっていくのかもしれない。

近代以降日本はこれまで様々な矛盾を抱えたままで過ごしてきたわけだが、われわれ日本人はだれもその矛盾と向き合うことをしてこなかったのではないだろうか。この東京裁判も然りである。
そして、その”付け”が、今になってようやく回ってきたように思えてならない。

a0048259_250214.jpg

[PR]
# by mangost | 2015-07-27 02:56 | Film | Comments(0)
セバスチャン・サルガド
写真家”セバスチャン・サルガド”のドキュメンタリー映画。監督はヴェンダースとサルガドの息子。
昨年のカンヌで話題を読んだことで知られているが、日本ではこの夏公開。
非常に楽しみ。

「セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター」

[PR]
# by mangost | 2015-06-11 20:46 | Film | Comments(0)
ザ・トライブ
昨日観たミロスラヴ・スラボシュピツキー監督「ザ・トライブ」。
登場人物は全て聾唖者、台詞無し、字幕無し、音楽無し。この無い無い尽くし効果のお陰で、描写されるシーンの音が普通の映画以上にどんどん耳に入ってきます。まるで音を聞くための映画の様にも思えたのですが、この音は登場人物には全く聞こえてないと言うことに気づいた途端、妙な感覚に陥ります。そして丁寧なカメラワークにいきなりの暴力描写。このいきなりってのが”演出の”いきなりじゃなく”自然の”いきなりと言うか、おそらく聞こえる、喋れるが当たり前の感覚の人にとっては”いきなり”になるんだと思います。だから見てる方はかなり痛い。こんな暴力の見せ方ってのもあるんだなと。物語自体はよくありそな話でしたが、それでも見終わってからグサリと深い傷が残るような映画でした。次回作も進んでいるようで、今から楽しみです。


[PR]
# by mangost | 2015-05-22 21:17 | Film | Comments(0)
春のハンズボン上映会
4月18日~24日、「春のハンズボン上映会」が名古屋のシアターカフェにて開催されます。ハンズボンの中心メンバー5人のアニメーション10作品をまとめて上映いたします。名古屋の皆様、どうぞよろしくお願いします。

泉原昭人 「リリタアル」「赤い森の歌」「セルネフ」
溝上幾久子 「JUICY WARS」
大谷太郎 「ちょう使いまわし」「端っこ」「指のすきまちゃん」
高橋昂也 「VESSELS」「erg chebbi」
高橋絢 「草蟲堂」

会期:04月18日(土) - 2015年04月24日(金) (火曜休み)
会場:シアターカフェ 名古屋市中区大須二丁目32-24マエノビル2F
料金:1000円(1ドリンク付)
---------------------------------------------------------------------------------------------------

「東京発、2014年より活動を開始した「ハンズボン上映会」が、初の名古屋上陸をはたします!「ショートフィルム」の特性を大切にし、あえて「ハンズボン」と呼ぶ本上映会。今回はアニメーション作品に特化したプログラムです。手作り感あふれる多種多様な作品群を、どうぞお楽しみください!!」

a0048259_05475855.jpg




[PR]
# by mangost | 2015-04-02 06:00 | Comments(0)
パラジャーノフ
新文芸座オールナイトにてパラジャーノフ4本立てを鑑賞。上映プリントに不満はあったがまとめて見れる事にひとまず感謝。やはり"物語"ってのは、あらゆる層、あらゆる場所に見出されることを再認識した夜、そして今更ながらこの人の映画からかなり影響受けてることを思い出した。セルネフとかそのまんまだね。そしてカメラも人物も動く事無く濃密な時間を作り上げるこの映画からどれだけ勇気をもらった事か。
グルジアで生まれ育ったアルメニア人がキエフとモスクワで映画を学び、キリスト教とイスラム教が混淆したような場所を舞台に撮った作品から、今の日本の表現者が学ぶこともあるだろう。ぼくらは無意識のうちにキリスト教的世界観(西洋的言語)で周囲を見ている訳だけど、”映画”においてそこから逸脱している作品にはめったにお目にかかれない。
a0048259_15050200.jpg

[PR]
# by mangost | 2015-02-08 15:19 | Comments(0)
冬のハンズボン映像展
12月13日からスタートした冬のハンズボン映像展も、27日をもって無事終了致しました。上映+展示というギャラリーならではの密度ある数日間になったと思います。来年も新しく展開していけるよう工夫を凝らしていくので、どうぞご期待ください。そして、参加してくれた作家のみんな、ギャラリースタッフのみなさん、会場にお越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。
[PR]
# by mangost | 2014-12-28 15:26 | exhibition | Comments(0)
冬のハンズボンフライヤー
冬のハンズボン上映+展示 のフライヤーが昨日上がりました。トラブルによる予定を遅れての入稿になりましたが、結果よいものができたと思います。29作品、並べて見るとなかなか壮観です。

a0048259_14344052.jpg

[PR]
# by mangost | 2014-11-23 14:35 | news | Comments(0)
12月のハンズボン映像展
自作がまだ出来ていませんが、とりあえず、、、、ハンズボン映像展の公式サイトにプログラムを発表しました。どのプログラムもかなり見応えあるものになっています。4つのプログラムによる29作品の上映と、映像作品にちなんだ展示、そして上映日にはゲストを迎えてのトークがあります!どのプログラムもはずれ無し!、、、だと思います。
a0048259_13363548.jpg




[PR]
# by mangost | 2014-11-12 13:38 | news | Comments(0)