マンゴスチンブログ
by mangost
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
外から見た日本
フランス人の友人からあるサイトを教えてもらいました。フランス在住と思われる様々な画家やイラストレーターが今回の日本の災害をテーマに絵を描いています。おそらくこの事実を深刻に受け止め、世界へ発信させるという目的もあるのでしょうが、二次的に制作されたこれらのイメージを受け入れるだけのコードがまだ自分の中にはありません。
中には日本をロボットアニメやステレオタイプだけで描いたものもあり、今はそれらに耐えることができません。

追記(18時37分)
藤原新也氏が19日より被災地入りし、その状況をブログで綴っている。希望や励ましの言葉を被災地の人々が聞いているのを見た事が無く、寄り添うようななげきの言葉の方が被災地の人の心を癒しているという。藤原氏はそれを「不思議な人間の心の綾」と書いている。自分もまた、この東京より被災地をおもうだけであり「心の綾」を感じることができないのは被災地以外、どこでも同じことなのかも知れない。
[PR]
by mangost | 2011-03-22 16:37 | Comments(0)
<< 『いつもと違う大版画4人展/W... 猫もぐったり >>