S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Atom Film
明日4月8日、ハンブルグでおこなわれる"ATOM- FILME"で「赤い森の歌」の上映があります。このイベントはベルリン国際映画祭のキュレーターであるマイケ・ミーア氏の提案により「原子力問題」というテーマに沿って選択された6作品が上映されます。風刺アニメーションとドキュメンタリー作品の中で「赤い森の歌」だけエネルギー問題はもちろん社会的なテーマも持っていませんが、マイケ氏がこの作品をエピローグで上映する意図は十分汲み取る事ができます。彼女がこのようなイベントにおいて選択してくれたことに、マンゴスチンアニメーションは今後も応えて行かなくてはならないと思います。

Prolog KEINE ANGST VORM ATOM (BRd, 2007, 3min)
2 ZWISCHENZEIT (BRD 1982 - 1985, 119 Min)
3 THE SHUTDOWN  (UK, 2009, 10min)
4 WHITE HORSE(USA / Frankreich, 2007, 18 min)
5 DIE VITALEN SPINNER ERRICHTEN EIN ZEICHEN FÜR DEN SIEG DES SANFTEN WEGES
  (BRD, 1980, 45min)
Epilog 赤い森の歌"AKAI MORI NO UTA"(Japan, 2008, 6 min)


ベルリン在住の音楽家平野みどり氏によると、ドイツでは自分で電気の供給元を選択できるシステムがあるそうです。今後日本がエネルギー供給を考える上で大きなヒントにしてほしいものです。
[PR]
by mangost | 2011-04-07 17:10 | news | Comments(0)
<< 荒井裕太郎 彫刻展 『いつもと違う大版画4人展/W... >>