マンゴスチンブログ
by mangost
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
種の話
マリー=モニク・ロバン監督「モンサントの不自然な食べ物」
見ようと見ようと思いつつ、見れていなかったこの映画、今日やっとで見る事ができました。
グローバル企業モンサントの実態とGM種(遺伝子組み換え作物)の危険性を知ることが出来る映画です。日本でもTPPが締結すればGM作物が大量に、それも非表示で市場に出回る可能性が高いと言われています。(すでに加工品で入ってきてるけど)



さらに、このGM種以前に私たちはF1種を長きに渡り食してきたという事実があります。最近知って驚いたんですが、1964年を境に日本で作られているほとんどの作物は、大きさや形、成長速度が優れているという点からF1種(一代雑種)という一代限りの種が使われています。これは「雄性不捻」というおしべを持たない突然変異種が元になっており、最近、その影響が危惧され始めているようです。(花粉を介してミツバチにも異常が起きているという仮説もある)

私たちは知らぬ間に、生まれたときからいろんなものに囲まれて生きてきたんですね。
今更ながら実感しています。
[PR]
by mangost | 2013-09-24 22:25 | Film | Comments(0)
<< 今日の顔 夢みる2秒前 >>