マンゴスチンブログ
by mangost
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
<   2013年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
種の話
マリー=モニク・ロバン監督「モンサントの不自然な食べ物」
見ようと見ようと思いつつ、見れていなかったこの映画、今日やっとで見る事ができました。
グローバル企業モンサントの実態とGM種(遺伝子組み換え作物)の危険性を知ることが出来る映画です。日本でもTPPが締結すればGM作物が大量に、それも非表示で市場に出回る可能性が高いと言われています。(すでに加工品で入ってきてるけど)



さらに、このGM種以前に私たちはF1種を長きに渡り食してきたという事実があります。最近知って驚いたんですが、1964年を境に日本で作られているほとんどの作物は、大きさや形、成長速度が優れているという点からF1種(一代雑種)という一代限りの種が使われています。これは「雄性不捻」というおしべを持たない突然変異種が元になっており、最近、その影響が危惧され始めているようです。(花粉を介してミツバチにも異常が起きているという仮説もある)

私たちは知らぬ間に、生まれたときからいろんなものに囲まれて生きてきたんですね。
今更ながら実感しています。
[PR]
by mangost | 2013-09-24 22:25 | Film | Comments(0)
夢みる2秒前
およそ三年振りとなる小林孝亘さんの個展「夢みる2秒前」を鑑賞。
深い静寂の中に、不思議な存在感を強く感じさせてくれる作品です。
映像にしろ絵画にしろ、鑑賞者は作者の視点をなぞる事になるのですが、その時感じる違和感をすんなり受け入れさせてしまうところが、小林作品の持つ妙なのだと改めて思いました。
見えない物を見るというような感覚、それは日常で誰もが感じながらも共有することができないもどかしさ、のようなものかもしれません。

小林 孝亘- 夢みる2秒前 -
2013年9月17日(火) 〜10月19日(土)
西村画廊 東京都中央区日本橋2-10-8 日本橋日光ビル9F
http://www.nishimura-gallery.com/exhibition/2013/kobayashi.html

a0048259_1559471.jpg

[PR]
by mangost | 2013-09-23 16:01 | art | Comments(2)